金星の溶岩が刻んだ6800kmの溝地形

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数397
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    金星の溶岩が刻んだ6800kmの溝地形
    金星の地質年代と大規模一斉更新説
     クレーター分布から見積もられた金星の地表年代はおよそ3億~5億年であり、ほかの地球型惑星より新しい。地球の地表年代は0~40億年と幅広いが、プレートテクトニクス(プレートの水平移動)によって常にリサイクルされている海洋地殻の年代は2億年以内である。しかし金星には、プレートテクトニクスによって形成される特徴的な地形(海嶺、海溝など)は見られない。マゼラン探査機のデータは、金星と地球では惑星進化の過程が大きく異なることを示している。  金星のほとんどの地表面の年代が3億~5億年より若いことは、「大規模一斉更新説」によって説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。