古川竹二の血液型気質相関説の成立を巡って 大正末期~昭和初期におけるある気質論の成立背景

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数15
閲覧数945
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    収録誌

    性格心理学研究
    The Japanese Journal of Personality
    Vol.3, No.1(19950331) pp. 51-65
    日本パーソナリティ心理学会 ISSN:13453629
    書誌情報

    古川竹二の血液型気質相関説の成立を巡って : 大正末期~昭和初期におけるある気質論の成立背景
    The Furukawa theory of blood-type and temperament : The origins of a temperament theory during the 1920s
    佐藤 達哉 1 渡邊 芳之 2
    Sato Tatsuya 1 Watanabe Yoshiyuki 2
    1福島大学 2北海道医療大学
    1Department of Sociology Faculty of Administration and Social Sciences, Fukushima University 2Department of Psychology School of Nursing and Social Services, Health Sciences University of Hokkaido
    キーワード Furukawa Takeji temperament theory blood type history of psychology

    資料提供先:
    http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN10448723/ISS0000121841_jp.html

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。