【医学部学士編入KALS生命科学】要綱集要約生命科学第四講

会員4,860円 | 非会員5,832円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,119
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【医学部学士編入KALS生命科学】要綱集要約 生命科学第四講
    生命と化学反応:ATPと酵素
    ----------------------------------------------------------------------
    ねらい
    化学反応の起こる方向はΔGという量で決まる。ΔG>0の反応は起こらない。そのような反応を起こすために使われる物質がATPであることを理解する。ΔG≦0の反応は起こり得るが、生化学反応は反応速度が遅いので、酵素という触媒で反応速度を上げなければならない。酵素はほとんどの場合タンパク質である。タンパク質の知識に基づいて酵素の一般的性質を理解する。また、RNAが..

    コメント1件

    医学部 Meds School 販売
    医学部学士編入で「どういう対策をすればいいか」分からない方、情報収集に時間を浪費しないで下さい。その時間に他の人は勉強してます。この要約にあるEssential Concept とKey Wordsを中心に知識の肉付けをして行ってください。そして、合格に一歩近づいて下さい。
    2008/03/22 17:12 (8年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。