科学と教養教育

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数631
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    -33-
    高等教育ジャーナル─高等教育と生涯学習─11(2003)        J. Higher Education and Lifelong Learning 11(2003)
    科学と教養教育
    北 村 正 直
    *
    北海道大学名誉教授
    Science in Liberal Education
    Masanao Kitamura
    *
    Hokkaido University, Professor Emeritus
    1. はじめに
     「今日の焦眉の課題の一つは人類の文化の中での科
    学の位置づけである。」これは科学史,科学哲学の分
    野でのリーダーの一人であるハーバード大学のホル
    トン教授が最近の著書“Einstein, History, and Other
    Passions”(Holton 1997)の序文において最初に記した
    言葉である。アメリカでは70年代頃より人文学,社
    会学の分野で科学批判が強まってきた。しかし,この
    批判は非科学的傾向から更に反科学,反理性的な様
    相をもつようになってきた。このような傾向を彼は
    憂慮し彼は93年に“Science and Anti-science”(Holton
    1993)を著し,この問題を取り上げていた。ここでは
    更に科学に対する批判を広く取り上げアメリカの大
    学における一般学生の科学教育の問題点と共に論じ
    ている。
     実は彼はすでに60年代に欧米の知識階級の間に在
    る科学に対する批判的な傾向に気付いていた(Holton
    1964)。彼は後になって当時の傾向を“Romantic
    Rebellion”と呼んでいる。この科学批判の一つは,現
    代科学に対する感情的な不満から発しているものであ
    る。このような批判者は非常に深く科学を理解しては
    いるが,現代科学の新しい概念は感情的に受け入れ難
    いようであった。彼等の言い分を一言でまとめると
    「中世には,人々は有機的な世界像があり,哲学者も
    文学者もそれが“理解”できた。しかし,現代の科学
    は自然の微小な各構成部分について調べ,全体につい
    ては扱おうとしない。その結果,科学は人類から生き
    Abstract─We are living in a weird period, a postmodern era, where any established, objective knowl-
    edge is denied and replaced by subjective opinion, even a scientific theory is labeled as a social con-
    struct. In this paper we try to trace the origin of such queer ideas and examine the prevailing claims
    presented by some proponents, and conflicts between them and their critics, mostly from science. Fi-
    nally, science in liberal education for the new era is discussed, since such ideas have permeated science
    and mathematics education throughout the world, including Japan, and it is increasingly

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    -33-
    高等教育ジャーナル─高等教育と生涯学習─11(2003)        J. Higher Education and Lifelong Learning 11(2003)
    科学と教養教育
    北 村 正 直
    *
    北海道大学名誉教授
    Science in Liberal Education
    Masanao Kitamura
    *
    Hokkaido University, Professor Emeritus
    1. はじめに
     「今日の焦眉の課題の一つは人類の文化の中での科
    学の位置づけである。」これは科学史,科学哲学の分
    野でのリーダーの一人であるハーバード大学のホル
    トン教授が最近の著書“Einstein, History, and Other
    Passions”(Holton 1997)の序文において最初に記した
    言葉である。アメリカでは70年代頃より人文学,社
    会学の分野で科学批判が強まってきた。しかし,この
    批判は非科学的傾向から更に反科学,反理性的な様
    相をもつようになってきた。このような傾向を彼は
    憂慮し彼は93年に“Science and Anti-science”(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。