初等生活科教育法 1-1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数376
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    指導計画の作成に当たっては、ゆとりの中で「生きる力」をはぐくむことを目指す教育課程の基準の改善の趣旨を生かす。また、直接かかわる活動や体験、地域の環境を生かした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    指導計画の作成に当たっては、ゆとりの中で「生きる力」をはぐくむことを目指す教育課程の基準の改善の趣旨を生かす。また、直接かかわる活動や体験、地域の環境を生かした活動や体験、多様な人々と触れ合う活動など、生活科改訂の趣旨を反映させる。指導計画作成に当たって配慮しなければならない基本的な事項は、次のようなことである。
    (1)ゆとりのある指導計画
     生活科の内容は、各学年6項目、合計12項目を再構成し、2学年で8項目に厳選する。2年間という見通しの中で、身近な人々、社会及び自然と直接かかわる活動や体験が一層できるようにする。2学年にわたって取り扱うものとし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。