学びの質を高める外国語の教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数400
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学びの質を高める外国語教育」
      -英語教育を巡る社会の動きから-
    1.子どもの教育を取り巻く現状
    1) 教育を巡る社会の動き
     改正教育基本法が2006年に発布され、ここ数年で、日本の教育は様変わりをしてしまった。「コスト・パフォマンス」と言う語が飛び交い、競争原理が教育へ導入され、学校教育の淘汰が起こり、家庭・学校・地域社会による「学びへの支援」は崩壊しようとしている。
     同時に湧き上がった学校教育への批判と教育産業の活発な動き。生活費は高騰を続け、社会全体に不平等感が溢れ、先が見えない憂鬱さが漂う。教育にかける予算も削減され続け、公教育の原理は脆弱化してしまった。 公教育の再生を目指すならば、現場の専門家である私たち教員の声に耳を傾け、優先すべき事項の選択と、財政支援をなすべきであったにもかかわらず、文科省は新学習指導要領を告示、それに伴う学校教育法施行規則の一部を改正し、2回目の全国学力・学習状況調査も敢行してしまった。
     2) 子どもたちの現状(学びからの逃避)
     年齢が上がるにつれて段々と学ばなくなっていく子どもたち。知的好奇心や学ぶ意欲を失い、「学びからの逃避」が起こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。