英語の歌を使った授業の構成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数1,410
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英語の歌を使った英語授業の実践
    1.はじめに(曲の選択:どんな曲をなぜ)
      時代を反映し、年々新しく生まれ続ける歌の数は無限であるが、「いい曲は時代 を超えて、残り続ける」と言われるように、いい曲は生徒に様々な感銘を与える。
    それらの曲を選択し、授業で生徒に聞かせ、歌わせたりすることは、英語学習に色 々な面で効果がある。
      無限にある曲の中から、生徒に聴かす曲を選択するのは容易なことではないが、
     次の「フィルター」で、収集を行っている。
    ①歌詞の中に必ず、"Target "(文法、基本文、語句)の繰り返しがある。
    ②生徒に馴染みがある(映画やTVのCMやドラマで使われた曲)
    ③生徒の印象に残りやすく、ふとそのメロディーが口をつく
    ④世相や時代を反映した時事問題としての曲(反戦歌等)
    ⑤季節・行事にマッチした曲
     授業開き→You've got a friend、If we hold on together,
     活力鼓舞→Walking Proud  季節→Good by Yellow Brick Road
    2.授業での実践
    ) 現在完了(経験)  I've Never Been To Me「愛はかげろうのように」 Charlene(シャーリーン) 1982
       訳:西尾紀子
    1 Hey lady, you lady
    世の中には、人生に不満のある女性が
    2 cursin' at your life
    たくさんいるでしょう。
    3 You're a discontented mother
    それは、子供に手を焼く母親であったり、
    4 And a regimented wife
    夫を持てあます妻かもしれない。
    5 I've no doubt you dream about
    そんな人達はきっと、手の届かない
    6 The things you'll never do
    バラ色の生活を夢見ているのでしょう。
    7 But I wish someone had of talked to me
    でもね、ちょっと考えてみてね。
    8 Like I wanna talk to you
    私がこれからお話することを。
    9 Woo I've been to Georgia and California
    私、ジョージアもカルフォルニアも
    10 And anywhere I could run
    心休まる所を求めて色々な所に行ったわ。
    11 Took the hand of a preacher man
    心優しい男性と出会って、
    12 And we made love in the sun
    恋をしたこともあったわ。 だけど、
    13 But I ran out of places and friendly faces
    恋しい土地や人々を後にして去って行くの
    14 Because I had to be free
    何故って、いつも自由でいたかったら。
    15 I've been to paradise
    幸福を味わってみても、結局、私には
    16 But I've never been to me自分ってものがつかめないんですもの。  パナソニックのデジタルビデオカメラのCMにも使われ、最近、小柳ゆきが  カバーしている曲。流れるようなメロディーは、多くの生徒が耳にしている。   歌詞の内容は、この曲を歌ったCharleneの人生のように響く。been to ~が何度  も登場し、neverとの対比もでき、現在完了の指導には打って付けの曲。
     2) It is ~(for ○○) to~ 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語の歌を使った英語授業の実践
    1.はじめに(曲の選択:どんな曲をなぜ)
      時代を反映し、年々新しく生まれ続ける歌の数は無限であるが、「いい曲は時代 を超えて、残り続ける」と言われるように、いい曲は生徒に様々な感銘を与える。
    それらの曲を選択し、授業で生徒に聞かせ、歌わせたりすることは、英語学習に色 々な面で効果がある。
      無限にある曲の中から、生徒に聴かす曲を選択するのは容易なことではないが、
     次の「フィルター」で、収集を行っている。
    ①歌詞の中に必ず、"Target "(文法、基本文、語句)の繰り返しがある。
    ②生徒に馴染みがある(映画やTVのCMやドラマで使われた曲)
    ③生徒の印象に残りやすく、ふとそのメロディーが口をつく
    ④世相や時代を反映した時事問題としての曲(反戦歌等)
    ⑤季節・行事にマッチした曲
     授業開き→You've got a friend、If we hold on together,
     活力鼓舞→Walking Proud  季節→Good by Yellow Brick Road
    2.授業での実践
    ) 現在完了(経験)  I've Never Been..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。