文法4_複文

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数597
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    複文の前件(X)と後件(Y)の意味関係には、条件・対比・理由・目的・付帯・時間に関わるものがある。

     条件の表現には、XとYの関係が社会通念どおりになる順接と、社会通念に反する逆接がある。順接条件には、仮定・反事実・確定・事実を表す形式がある。

    もし時間が{あれば/あったら}、一緒にお茶しませんか。

    もっと早くあの先生に{会えれば/会えたら/会えたなら}、私の人生は違っていたのに。

    今夜成田を発つ{としたら/とすると/とすれば}、パースに着くのは明日の朝だ。

    晴れた日に屋上に{上ると/上がったら}富士山が見える。

    逆接条件の形式には、客観・対比的にXとYを並べる「けど」類、Xでの予測がYと不

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     複文の前件(X)と後件(Y)の意味関係には、条件・対比・理由・目的・付帯・時間に関わるものがある。
     条件の表現には、XとYの関係が社会通念どおりになる順接と、社会通念に反する逆接がある。順接条件には、仮定・反事実・確定・事実を表す形式がある。
    もし時間が{あれば/あったら}、一緒にお茶しませんか。
    もっと早くあの先生に{会えれば/会えたら/会えたなら}、私の人生は違っていたのに。
    今夜成田を発つ{としたら/とすると/とすれば}、パースに着くのは明日の朝だ。
    晴れた日に屋上に{上ると/上がったら}富士山が見える。
    逆接条件の形式には、客観・対比的にXとYを並べる「けど」類、Xでの予測がYと不..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。