教育心理学4_相対_絶対_個人内_評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数907
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本稿では、まず教育評価の機能を述べ、次に相対評価・絶対評価・個人内評価について比較検討する。
     杉原一昭(2005)は教育評価の機能を四点挙げている。第一は教師の指導である。教師は適切な指導をするために、学習者の現状を正確に理解する必要がある。指導前は学習のレディネスや前提条件を満たしているかなどの調査、指導後は全体的な指導の成果を調査する。指導の途中には形成的評価で未修得箇所を発見し、学級では指導目標や方法の反省・修正・改善、個人には補充学習や個別学習などで手当てをする。第二は教育活動のチェックであり、教育目標の達成状況を確認・見直しをする。第三は学級編成であり、教育評価の結果を達成(習熟)度別または等質な学級編成に活用する。第四は学習者の学習である。評価の結果のフィードバックは賞罰としての機能を持つが、学習者は自身と他者の習得・進歩状況が認識でき、学習の目標や方法を自己改善することができる。
     学習活動の結果を解釈するには、結果を判断するための評価基準が必要である。この基準により評価は、相対評価・絶対評価・個人内評価の3種類に分けることができる。
     相対評価の評価基準は集団にあり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。