語彙意味4_語彙と社会

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数629
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私達は言葉を使用するとき、意識の有無に関係なく語を選択している。選択する語は個人により差があるが、それが使用された場面にいる人間の間では語についての共通の理解があるので、コミュニケーションが成立する。
     玉村文郎(1984)は「使用語彙を、個々人が潜在能力として持っている使用できる語の集合ではなく、使用する語の集合というように解釈すると、年齢・知識・職業・趣味・生活などによって、量の面でも分布の面でも大きな差が出てくるはずである。」としている。
     このように使用する語は、同じ意味であっても異なる形になることがある。この現象を位相と言い、位相によって異なる語を位相語と言う。
     位相という概念は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。