2001年に誕生した小泉内閣は

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数375
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2001年に誕生した小泉内閣は「構造改革無くして景気回復なし」をスローガンに様々な改革に着手した。その構造改革の内容をサッチャーやレーガンのものと比較しながらまとめたい。
    サッチャー就任時イギリスは、低成長、インフレ、国際競争力が弱いなどイギリス病と言われていた。改革の内容は①インフレ抑制②サプライサイドの強化、赤字炭坑の閉山や代替エネルギーの輸入を実施。③職業訓練④電話会社やガス会社、空港、水道事業などの各種国有企業の民営化⑤減税。就任前の最高税率83%を40%まで下げた。サッチャリズムは、消費者物価を下げ、ストライキをなくし、企業間の競争を高め生産性を向上したことなどおおむね評価に値し、1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。