シクロヘキセンの合成

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,150
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験目的
    シクロヘキサノールをリン酸を触媒として脱水し、シクロヘキセンを合成することを目的とした。
    (2)反応式
    (3)実験方法
    乾燥した100mlナス型フラスコにシクロヘキサノール30.0g(0.30mol)と85%リン酸9.0mlをはかりとり、十分に撹拌した。オイルバスを用いてこれを蒸留し、シクロヘキセンと水とに分けた。この留出物を分液漏斗に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験目的
    シクロヘキサノールをリン酸を触媒として脱水し、シクロヘキセンを合成することを目的とした。
    (2)反応式
    (3)実験方法
    乾燥した100mlナス型フラスコにシクロヘキサノール30.0g(0.30mol)と85%リン酸9.0mlをはかりとり、十分に撹拌した。オイルバスを用いてこれを蒸留し、シクロヘキセンと水とに分けた。この留出物を分液漏斗に移し、同量の食塩水で洗浄した。有機層が白く濁っていたので、それが透明になるまで4回同じ操作を繰り返した。有機層を取り出し、無水硫酸ナトリウム18.6gで乾燥した後、これをろ別し、分留した。
    74.5~83.1℃の留分を11.8g得た。
    (4)実験結果
    シクロヘキセンの収量は11.8gであった。
    またその沸点は74.5~83.1℃であった。(文献値83.2℃)1)
    収率は、実際の収量/理論収量×100=11.8/24.6×100=47.9
    これより48%と求まった。
    理論収量は、
    より、シクロヘキサノール0.30molよりシクロヘキセン0.30molが生成するので
    シクロヘキセンC6H10=82.1g/mol  C6H10 0.30molでは24..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。