塩化tブチルの合成

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,325
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    塩化t-ブチルの合成
    (1)実験目的
    t-ブチルアルコールと濃塩酸から、塩化t-ブチルを合成することを目的とする。
    (2)実験方法
    300ml容丸底フラスコにt-ブチルアルコール37.1g(0.50mol)を入れ、磁気撹拌器を用いて撹拌した。これに濃塩酸130mlをピペットで、温度が上がり過ぎないように注意しながら少しずつ滴下し、混和した。
    滴下終了後、15分間撹拌した後、分液

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    塩化t-ブチルの合成
    (1)実験目的
    t-ブチルアルコールと濃塩酸から、塩化t-ブチルを合成することを目的とする。
    (2)実験方法
    300ml容丸底フラスコにt-ブチルアルコール37.1g(0.50mol)を入れ、磁気撹拌器を用いて撹拌した。これに濃塩酸130mlをピペットで、温度が上がり過ぎないように注意しながら少しずつ滴下し、混和した。
    滴下終了後、15分間撹拌した後、分液漏斗に移し、リングにかけて静止した。
    液が2層に分離したことを確認した後、下層は除き、残った上層に5%の炭酸水素ナトリウム水溶液50mlを加え、よく振り混ぜた。
    その後再びリングにかけて静止させ、2層に分離してから下層をビーカーにとり、pH試験紙を使用し、アルカリ性であることを確認した。
    分液漏斗に残った上層に50mlの水を加え、逆さにしてよく振り混ぜ、リングにかけて静止させた。
    これが2層に分離した後、下層をビーカーにとった。
    残った生成物を、乾燥した100ml容の三角フラスコに移し、10.1gの無水硫酸ナトリウムを加え、26分間放置した。
    26分経ったところで、乾燥剤をひだ付きろ紙で除去し、ろ液を乾燥した10..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。