地歴2欧米中心

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数139
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本は欧米中心主義といっても過言ではない。日本人に世界の知っている国名をあげてもらってもアメリカやヨーロッパ諸国を知っている人が断然多い。なぜ日本は欧米中心主義なのか。それはアメリカ及びヨーロッパ諸国の知名度が高いという

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本は欧米中心主義といっても過言ではない。日本人に世界の知っている国名をあげてもらってもアメリカやヨーロッパ諸国を知っている人が断然多い。なぜ日本は欧米中心主義なのか。それはアメリカ及びヨーロッパ諸国の知名度が高いという事、それは学校やマスメディアでの登場回数である。学校での教育は欧米と近隣の中国、朝鮮を中心に教えられているという現実がある。もちろん日本に与えた影響や産業の中心で発展をしていた背景があり今も先進国の国々が多い。ここではどのように欧米中心の教育となったのか、その問題点を述べる。
     明治時代に入り政府は、国家の発展、国民全体の知的水準を向上させるために西欧化を進めてきた。フランスの学生に倣い教育制度を整備した。それは西欧が世界的な中心となっていて、産業革命や市民革命などの最先端を走っていて日本も追いつくための人材を育てるために教育を行っていったためである。ヨーロッパを学び追いつき、追い越せという方針であった。1902年の歴史は、日本歴史、東洋歴史、西洋歴史が定められた。以後1943年の戦時中には東洋史、西洋史を圧縮し皇国史を中心に学習させ第二次世界大戦のために国民意識を高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。