生理心理学:「H・M」氏の死去

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数429
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学記憶生理脳科学神経情報

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    生理心理学 レポート

    「H・M」氏の死去
    記憶は、心理学においても盛んに研究されています。エビングハウスや彼の忘却曲線などはよく知られていまが、ここでは記憶と脳機能の研究に多大な貢献をした人物について紹介します。彼の名は通称「H・M」氏。一般的には、あまり知られていませんが、心理学、とりわけ生理心理学、認知心理学の領域、また、神経情報科学や脳科学分野では、とても有名な人物です。残

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生理心理学 レポート
    「H・M」氏の死去
    記憶は、心理学においても盛んに研究されています。エビングハウスや彼の忘却曲線などはよく知られていまが、ここでは記憶と脳機能の研究に多大な貢献をした人物について紹介します。彼の名は通称「H・M」氏。一般的には、あまり知られていませんが、心理学、とりわけ生理心理学、認知心理学の領域、また、神経情報科学や脳科学分野では、とても有名な人物です。残念ながら彼は先月亡くなってしまいました。朝日コムに掲載されていた記事を次に引用します。
     【ワシントン=勝田敏彦】脳の一部を切除する実験的治療を受けて新たな記憶ができなくなったあと、脳機能の研究に積極的に協力し、学習や記憶の仕組みの解明に多大な貢献をした米国の男性患者が82歳で亡くなった。ニューヨーク・タイムズなど米主要メディアが5日、報じた。
     この男性はヘンああリー・モレゾンさん。米コネティカット州の老人ホームで2日、呼吸不全のため亡くなった。研究論文などではプライバシー保護のために「H・M」という名前で呼ばれ、脳研究分野では世界的に知られていた。
     モレゾンさんは9歳のときに自転車とぶつかって頭を強く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。