京都議定書について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数671
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ましたが、ロシアが2004年に批准したことで、今回の発行に至りました。
     京都議定書とは、温室効果ガスを削減し、地球温暖化を防止するというものです。経済や産業が活発な先進国でより多くの温室効果ガスが発生します。それを削減するためには、国の活動を減らす必要があり、国益の減少や経済への悪影響につながります。このことを前提に、京都議定書に批准する国と批准しない国の理由について考えていきます。
     「名古屋大学武田教授のニュース解説」というサイトにでは、今回ロシアが批准した理由を4つ挙げています。一つ目は、ロシアは経済が停滞し、京都議定書に署名しても自国の経済活動に影響がないことです。二つ目は、米、日本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。