現代社会における子供論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数701
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1997年の春、神戸市で14歳の少年Aによって連続児童殺傷事件が起きた。この頃から僕たちは「キレる少年」と呼ばれた。女子高生コンクリ詰め殺人事件や名古屋アベック殺人事件、山口県光市母子殺人事件などは記憶に新しいが、大人たちはその残虐さや、なによりそれが少年によって行われたことに衝撃を受けた。そして、メディアは少年たちの理解しがたい狂気を「心の闇」などと呼んで、子供を大人とは別の次元に存在する、異質な存在としてリピートした。僕たちは「大人顔負け」の存在になった。
    では、そもそも「大人」とは、「子供」とは、「大人になる」とはどういうことなのだろうか。近代以前では一定の年齢になるとバンジージャンプや割礼といった試練を与え、クリアさせることで大人社会の仲間入りをしていた部族などもある。いわゆる通過儀礼ということだ。そこでは「子供」といった概念はなく、子ども人間以前の未成熟な存在と考えられていた。子供の期間に固有の価値観を認められていなかった当時の「大人になること」  とは伝統社会の価値観や風習をそのまま受け入れることであったのだ。
    近代産業社会以後になると子供を人間一般から分けて考え、それを「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。