分子レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数182
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験人間動物技術世界視点神経

    代表キーワード

    分子レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「犬の祖先であるオオカミとジャッカルは人間が狩りをして獲物を持ち帰って食べると、食べ残しを近くに捨てることを知って、人間たちのあとをつけてくるようになった。そのうちに、彼らは人間の先に立って獲物を捕らえる先導をするようになった。こうして協力関係ができあがった。そのうち、彼らは人間の近くで住むようになった」  これは動物学者として有名なコンラート・ローレンツの説である。
    この説を考えると、私は動物と人間の関係は密接なものであり、動物から見た人間の姿をもっと知りたいと思うようになった。人間の視点からみた動物と動物からみた人間の姿は、実は同じではないか、とさえ考えてしまう。そんな思いをもって、この本を手にした。
    私はこの本の中で一番面白いと感じたのは、動物からの発想における人間の目ということだ。昆虫の複眼は、何千という個眼に映る像によって世界をモザイク状にみえており、実際に目を頭からはずし、それをレンズにして写真をとる装置を作り撮影すると本当にモザイク状にうつっている。一方で、人間の目というのが網膜に移ったときは上下逆さまになって映っているということである。つまり、そのまま我々が見る世界は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。