中国経済の転換

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数633
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    中国経済社会政治都市政策市場人口社会主義格差

    代表キーワード

    中国

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国経済の転換
     1978年の三中全会における経済体制改革が計画経済体制から市場経済体制へ移行させるポイントであったと捉えている。まずこの移行のタイミングがどういう意義があるのか考えてみたい。
     社会主義を捉える上でソ連という国は欠かせないが中国、というよりも毛沢東の理想とする社会主義がソ連のそれとマッチしていなかったことは大きい。のちに1960年の中ソ対立で明らかになるものであるが、ソ連は労働者階級を意識した社会主義であったのに対し、中国の社会主義は農民を強く意識したものであった。一つには中国の人口に対する農民比が非常に高かったことがある。1976年の毛沢東の死とともにそれらの考えは否定(文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。