インターネット上の名誉毀損における争点と匿名性の問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数2,534
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    インターネット上の名誉毀損における争点と匿名性の問題
    目次
    はじめに
    プロバイダ責任制限法以前の対応
    対抗言論の法理
    2.2 プロバイダ責任制限法以前の判例
       2.2.1 対抗言論を用いた判決
       2.2.2 シスオペの責任が問われた判例
    3. プロバイダ責任制限法
    3.1 プロバイダ責任制限の目的
    3.2 プロバイダ責任制限法の概要
       3.2.1 損害賠償責任の制限(3条)
       3.2.2  発信者情報開示請求(4条)
    4. 検討
    はじめに
    日本のインターネット人口は2006年で7361万9000人なり、インターネット世帯普及率は57.3%となった。(1)このように、インターネットのウェブページや電子掲示板など、不特定多数のものによって受信されることを目的とする高度情報通信ネットワークを通じた情報流通が著しく拡大し、国民の利便性が向上する一方で、インターネット等の利用に関しての負の遺産として、他人の名誉を毀損したり、プライバシーを侵害する内容の情報がウェブページに掲載されたりするといったようなトラブルの急増という負の側面も大きな問題となっている。
    現実の社会で起きたトラブルならば、当事者どうしが会ってクレームを入れ、そこで解決しないならば、裁判で差し止め、損害賠償請求など争うことも出来るかもしれないが、匿名性を特徴とするインターネット等においては、加害者が特定不明のためにそのような行動に移ることが困難である場合がある。
    また、昨今の問題として、「2ちゃんねる」においての名誉既存裁判に勝って、損害賠償を受けることができるのに、それに対して、管理人による弁済が行使されず、結局泣き寝入りになってしまうということも問題となっている。
    このような匿名のインターネット、電子掲示板における名誉毀損の問題に対応する場合において、2002年5月27日に施行された「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」(以下プロバイダ責任制限法)が用いられるが、それ以前の対応策と、その問題点はどのような点なのかを考えていきたい。
    プロバイダ責任制限法以前の対応
    2.1対抗言論の法理
    憲法第21条の保障する表現の自由は絶対ではなく、他人の名誉を傷つけるような表現が許されてはいないが、しかしながら、表現の自由がむやみに制限されたり萎縮されるのは妥当ではない。このような名誉毀損と表現の自由に関して、相当性理論が用いられている。他人の名誉を毀損するようなことであっても、①公共の利害に関する事実に関連し、②それが公益を図る目的でなされ、③真実証明がある場合、もしくは真実証明が不可能でも、真実であると誤信する相当の理由がある場合には名誉毀損の責任は負わないというものである。(最判昭和41・6・23民集20・5・1118、最判昭和44・6・25刑集23・7・975)しかし、これは従来のメディアを前提とした考え方であり、個人レベルでは、名誉毀損に対して有効な反論手段をもっていなかったが、インターネットのような平等に発言の機会が得られるような場においては、名誉毀損の成立範囲は狭められて考えるべきであり、名誉を毀損されるような発言に対して、被害者が名誉毀損の訴訟を起こすよりも、すぐに反論するほうが容易でありモア・スピーチによって、表現の自由と被害者の人格権の実現との調整を、図るべきであるというのが対抗言論の考え方である。以下で、プロバイダ責任制限法以前の判決がどのようなものであったか考察する。
    2.2 プロバイダ責任制限法以前の判例
    2.2.1 対抗

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    インターネット上の名誉毀損における争点と匿名性の問題
    目次
    はじめに
    プロバイダ責任制限法以前の対応
    対抗言論の法理
    2.2 プロバイダ責任制限法以前の判例
       2.2.1 対抗言論を用いた判決
       2.2.2 シスオペの責任が問われた判例
    3. プロバイダ責任制限法
    3.1 プロバイダ責任制限の目的
    3.2 プロバイダ責任制限法の概要
       3.2.1 損害賠償責任の制限(3条)
       3.2.2  発信者情報開示請求(4条)
    4. 検討
    はじめに
    日本のインターネット人口は2006年で7361万9000人なり、インターネット世帯普及率は57.3%となった。(1)このように、インターネットのウェブページや電子掲示板など、不特定多数のものによって受信されることを目的とする高度情報通信ネットワークを通じた情報流通が著しく拡大し、国民の利便性が向上する一方で、インターネット等の利用に関しての負の遺産として、他人の名誉を毀損したり、プライバシーを侵害する内容の情報がウェブページに掲載されたりするといったようなトラブルの急増という負の側面も大きな問題となっている。
    現実の社会で起きたトラブ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。