現代行政論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数28
閲覧数1,788
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    現代行政論
    4つのテーマ
    ⅰ 行政学の展開
    ⅱ 官僚制、公務員制度
    ⅲ 行政責任、行政管理、行政統制
    ⅳ NPM 新しい行政形態
    行政学の展開
    主にアメリカ行政学
    ウィルソンとグットナウ
    政治行政二分論 行政と政治の分離、能率的な行政の確立
    科学的管理法
    工場労働の管理法 動作研究と時間研究
    テイラーにより考案された工場管理の手法であり、テイラーシステムともよばれ、労働者のための高賃金と企業のための低労務費を目指す。科学的管理法は、熟練の移転の原理、課業管理、職能化の原理との三つによって構成されている。課業管理を推進するために時間研究、指図票制度、差別出来高給制度、企画部制度、機能別職長制度などが考案された。この科学的管理法は分析レベルが作業自体や工場レベルにとどまり、管理や経営それ自体の考察にまでは至ってない。また、計画と執行の分離が前提となっているが、これは単純な肉体的作業の効率化には一定の効果があるとしても、複雑な知的作業や創造的・革新的仕事には必ずしも有効的ではない。
    3つの要素
    ①標準化≒マニュアル化+出来高賃金
     作業者の指針となる作業や事務を特定し指導表指図表を作成
    ②統制
     標準化された作業を配分するときに構成員が遂行できるような基礎的条件を整備
    ③協同
    組織の目標と個々の職務との相互関係を把握
    2.行政管理論
    系統①事務管理論
    財務会計事務の標準化、購買システム(調達)、競争入札制度の確立
    系統②組織管理論 古典的組織理論の影響
    ①分業と調整 執政部と末端のコミュニケーションコントロールの確立
    ②総括管理機能
     企画、組織、人事、指揮、調整、報告、予算
    古典的組織論
    古典的組織論においては、多数の人間の協働は、分業に基づく職務の細分化と、これを調整するための権限の体系化による統合を構築することによって能 率を発揮するものと考えた。したがって、フォーマルな階統制組織こそが最も有効な調整手段であり、調整はラインの長の職能としてなされるべきものであっ た。
    階層化
    命令系統の一元化
    統制の範囲
    同質性による分業
    人間関係論
    心理的要因が生産性にどのように影響するのか
    生産性を向上させる要因となるのは仲間との感情 労働意欲は自己の職務、仲間にいただいている感情により影響される
    マズローの欲求5段階説 生理的欲求→安全安定の欲求→社会的欲求→自我の欲求→自己実現の欲求 下がみたされると上を満たしたくなる。欲求は無限につづく。
    現代組織論
    バーナード
    組織を中核に、人的システム、物的システム、交換システムという下位システムから構成
    組織の3要素
    1.共通目的 組織のメンバーの個々の目的を統合した組織として目的
    2.協働意欲
     誘因 メンバーが組織から得る価値
     貢献 メンバーが組織に与える価値
     効率 組織目的の達成度
     能率 成果配分に対する個人の満足度
    3 伝達 情報伝達1,2の統合役割
    協働体系 †
    全人としての人間は,個人として達成不可能ないし困難な目的を達成するために協働をおこなう。
    協働
    複数の人間が協力して1つの目的のために働くことであるが,この協働のための仕組みを協働体系(協働システム)とよぶ。
    企業も1つの協働体系。協働体系としての企業は,建物や生産設備などの物的要素,従業員などの人的要素,他の企業と結ぶ取引関係などの社会的要素という3要素を統合した実体的な存在であるが,その中核をなしているのが「組織」。

    組織の3要素 †
     協働体系の中核に位置する「組織」(彼はこれを公式組織とよんだ)とは「2人以上の人々の意

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代行政論
    4つのテーマ
    ⅰ 行政学の展開
    ⅱ 官僚制、公務員制度
    ⅲ 行政責任、行政管理、行政統制
    ⅳ NPM 新しい行政形態
    行政学の展開
    主にアメリカ行政学
    ウィルソンとグットナウ
    政治行政二分論 行政と政治の分離、能率的な行政の確立
    科学的管理法
    工場労働の管理法 動作研究と時間研究
    テイラーにより考案された工場管理の手法であり、テイラーシステムともよばれ、労働者のための高賃金と企業のための低労務費を目指す。科学的管理法は、熟練の移転の原理、課業管理、職能化の原理との三つによって構成されている。課業管理を推進するために時間研究、指図票制度、差別出来高給制度、企画部制度、機能別職長制度などが考案された。この科学的管理法は分析レベルが作業自体や工場レベルにとどまり、管理や経営それ自体の考察にまでは至ってない。また、計画と執行の分離が前提となっているが、これは単純な肉体的作業の効率化には一定の効果があるとしても、複雑な知的作業や創造的・革新的仕事には必ずしも有効的ではない。
    3つの要素
    ①標準化≒マニュアル化+出来高賃金
     作業者の指針となる作業や事務を特定し指導表指図表を作成
    ②統..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。