記者クラブの変容と問題点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数920
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    記者クラブの変容と問題点
    1.記者クラブの歴史
     まず、記者クラブの歴史を振り返ると、1980(明治二十三)年秋に帝国議会が初めて開設された際、時事新報記者らが主導して組織した「議会出入記者団」で、議会の取材を当局に一致して、要求したのが始まりといわれる。
     この記者団には「郵便報知」「東京朝日」「東京日日」「都新聞」「読売新聞」など東京の主要紙が加わり、これがさらに発展して、この年10月に「共同新聞記者倶楽部」が誕生した。
    これは後に「同盟新聞記者倶楽部」に名を変えたが、帝国議会開会中には全国の新聞百83社、300人以上の記者が取材に集まったという。これが今の「国会記者会」の前身である。現在、各中央官庁には軒並み記者クラブが存在するが、これらの前身もほぼ時期を同じくして生まれている。政府、各官庁に対して、力の弱い新聞側が共同戦線を組んで、団結して交渉し、情報を引き出す場とし、さらに取材の前線に足場を持ち、本社との連絡基地を確保するために記者クラブを作ったのである。政府の側としても、出入りの記者連中を一本化して管理できるし、広報活動もまとめて行うことができる、というメリットを計算して、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。