社会思想史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数351
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フィガロの結婚を思想史的に説明するための準備レポート
    フィガロの結婚にはフェミニズムの思想があるように思われる。
    しかし、脚本家のポーマルシェは生涯にフェミニズムの気はなかった。ポーマルシェは女狂いといえるほど、方湯にうつつを抜かしており、そういう彼にとって「女」とは「モノ」であったそうだ。そんな彼をフェミニストとはいえないのである。
     しかし、フィガロの結婚第三幕のマルストリーヌの弁論はフェミニズムの演説そのものであった。
     「女を軽蔑しながら、欲情の玩具とし、犠牲にし、花を枯らしてしまう身勝手な、いやそれ以上にひどい男たち!その人たちが若い時の過ちを裁こうというのでございます。男たち、そし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。