欧米政治社会論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数255
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    欧米政治社会論 
    ①通貨統合
     欧州通貨統合はEMU(経済通貨同盟)の一部であり、欧州統合において非常に重要である。
     そもそも通貨統合は為替相場固定化を通して実現されるのであり、経済的には「ひとつの市場にひとつの通貨流通」、政治的には「政治統合を支える基盤建設」という考えが根本にある。欧州の通貨統合への道は1970年のヴェルナー・プランから始まる。1989年のドゥロール報告で通貨統合計画が3つの段階にまとめられてから欧州同盟の確立、マーストリヒト条約と進展し、1999年通貨同盟が発足、ユーロ通貨は2002年から流通した。
     しかしそこにはいくつか問題点がある。一つ目に現在も未だ経済同

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    欧米政治社会論 試験対策
    ①通貨統合
     欧州通貨統合はEMU(経済通貨同盟)の一部であり、欧州統合において非常に重要である。
     そもそも通貨統合は為替相場固定化を通して実現されるのであり、経済的には「ひとつの市場にひとつの通貨流通」、政治的には「政治統合を支える基盤建設」という考えが根本にある。欧州の通貨統合への道は1970年のヴェルナー・プランから始まる。1989年のドゥロール報告で通貨統合計画が3つの段階にまとめられてから欧州同盟の確立、マーストリヒト条約と進展し、1999年通貨同盟が発足、ユーロ通貨は2002年から流通した。
     しかしそこにはいくつか問題点がある。一つ目に現在も未だ経済同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。