東西[1][1]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数202
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本文学忠臣蔵

    代表キーワード

    文学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「東西、東西…」と七声、五声、三声に分かれて発せられる見事な東西声は、全一一段から成る大作、仮名手本忠臣蔵の大序の見所の一つであろう。また、役者が皆頭を垂れて、ピクリとも動かない人形身から、竹本に役名に呼ばれ、命を吹き込まれたように動き出す役者たちを見ていると、これから始まる演劇がどれだけすばらしいものかと期待を抱かせてくれる。そもそも、仮名手本忠臣蔵は歌舞伎で演じられる以前に、人形浄瑠璃で演じられていた。その人形浄瑠璃の初段を「大序」と呼んでいたのだが、その習わしが残って、この仮名手本忠臣蔵の初段も「大序」と呼んでいる。現在までに歌舞伎の演目は数多く存在したが、大序がある代表的なものは仮名..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。