新聞報道論(2)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数337
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ニュースには今述べたような判断要因があるのに対して、ここでその要因の一つ「対立・争い」を軽視することによって、どのような問題が起こっているのかを例を出してその問題に関わっていく。
    今の日本は北朝鮮との関係はいいとは言えない状況にある。それは昔、日本が朝鮮半島を占領下においていたこともあるのだろう。そして今日の拉致問題にも影響しているのだと思う。日本のメディアは拉致問題について大きく取り上げ、さまざまな番組で拉致について話し合われている。しかし、北朝鮮ではそのことについてはたいして取り上げず、さらっと流すだけの報道の仕方を取っている。それに加え、日本が北朝鮮に対し拉致問題について要求をすると、メ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。