アイヌ民族

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,752
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アイヌ民族は、「自分たちに役立つもの」あるいは「自分たちの力が及ばないもの」を神(カムイ)とみなし、日々の生活のなかで、祈り、さまざまな儀礼を行っていた。アイヌにとってのカムイとは、単に畏れ、崇い、従うだけの絶対的な存在ではなく、人間と対等であり、対話をなし得るパートナーとして存在するものだったのである。それらの神々には、火や水、風といった自然神、クマ、キツネといった動物神、トリカブト、キノコといった植物神、舟、鍋といった物神、さらに家を守る神、山の神、湖の神などがある。そういった神に対して人間のことを「アイヌ」と呼んでいたのである。つまりアイヌとは、「人間」を意味しているのである。この神への信仰こそがアイヌ民族の最大の特徴といえるであろう。また、アイヌ民族の生活と自然は深く関わっており、彼らの衣食住にもその様子は現れている。
    まず、最初にアイヌ民族の食生活について見ていこうと思う。アイヌ民族はよく狩猟民族を言われるが、狩猟だけで生活していたわけではない。畑を耕して農作物を作ったり、山菜を採取したり、魚などを取ったりして生活をしていた。仕事の役割は、男は狩りを、女は畑仕事や山菜の採取・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。