Suica PASMO nanaco Edyのビジネス展開の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,305
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    SuicaPASMOnanacoEdyビジネス展開特徴

    代表キーワード

    ビジネス

    資料紹介

    Suica PASMO nanaco Edyのビジネス展開の特徴
    1.電子マネー発行枚数 ※
    系列  名称 運営会社 発行枚数 専業 Edy ビットワレット 3,600万枚 流通系 nanaco セブン&アイ・ホールディングス 517万枚   WAON イオン 150万枚 交通系 Suica 東日本旅客鉄道 1,922万枚   PASMO パスモ 577万枚 2007年10月時点
    第1章 交通系Suicaについて
     第1節 Suicaの誕生と現状
    Suicaの交通系利用はEdyと同じ2001年からスタート時は切符を使わずに改札を通過できる方法としてされていたが、ショッピング系利用のスタートは2004年からとなっている。
    鉄道系の特徴として、メインは鉄道での利用で電子マネーも駅ナカで使えるという位置づけである。しかし現在は電子マネーとしての展開は「駅ナカ」のみに関わらず「街ナカ」へとなっている。
    Suicaの機能付加により、利便性が拡大し、利用者が増えたのが影響するとともに、Suica側にしても電子マネー利用によるコストダウンや手数料収益などの経済的効果が大きいものによるものである事から本格的取り組みがされている。
    またクレジットカード会社との提携による、オートチャージのシステムは鉄道系ならではのサービスである。通常Edyのような電子マネーの場合、端末の読み取りがオフラインの為、決済をうけた店舗側は一日の最後にオンラインで情報をあげるという。
    オートチャージサービスは改札機によるオンラインで常に情報のやりとりをしている為成せる技術である。
    Suicaはおサイフ携帯にも対応しており、モバイルSuicaの利用者は増加傾向にあるとされている。
    [チャージ可能場所として、駅の券売機やNEWDAYS、ファミリーマート、イオングループ、ミニストップ、いずれもレジやサービスカウンターで出来る。]
    第2節 鉄道系電子マネーのメリット
    利用者側のメリットは
    ・迅速な改札通過、乗降車が可能なこと。
    ・チャージが駅に行けば常に出来る環境にある。
    ・残高が自動販売機などでかざすだけで分かる。
    事業者側のメリットは
    クレジットカードとの提携による顧客囲い込み
    メンテナンス、人件費などのコストダウンに繋がる
    また定期一体としてすでに付属として付いてしまう電子マネー機能で普及されている点はSuicaの強みであると思う。
    デメリットとしては
    チャージ上限額が20,000円と低額である。
    Suica2枚の同時使用が出来ない。
    鉄道系の電子マネーにおいては、チャージの使い勝手の良さは一番良いように見えるが、鉄道を利用しない地域や、駅から離れてしまうとチャージの拠点との距離があいてしまう。
    [また交通系電子マネーとして注意する事は?
    PASMOとSuicaの2枚を1つのパスケースに入れて改札を通過出来ない。
    ファミリマートでSuicaのチャージは出来るがPASMOはできない。
    電子マネーに対応していなSuicaではバスは乗れない。]
    など事前に知っておく事があり、分かりづらい点がある。
    第3節Suicaの展望
    [「それでも、最後はスイカが残る」。こういう声はスイカ加盟店や業界関係者の間に少なくない。
     エディに加盟している首都圏のある小売業者でさえ、「定期券で『消費者の足を人質にとって強制的にカードを持たせている』スイカの方が、使用頻度は高まると思えるようになってきた」というのだ。エディはわざわざカードをつくらなければならないが、スイカは否応なく使うカードであるという違いは大きい。]

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Suica PASMO nanaco Edyのビジネス展開の特徴
    1.電子マネー発行枚数 ※
    系列  名称 運営会社 発行枚数 専業 Edy ビットワレット 3,600万枚 流通系 nanaco セブン&アイ・ホールディングス 517万枚   WAON イオン 150万枚 交通系 Suica 東日本旅客鉄道 1,922万枚   PASMO パスモ 577万枚 2007年10月時点
    第1章 交通系Suicaについて
     第1節 Suicaの誕生と現状
    Suicaの交通系利用はEdyと同じ2001年からスタート時は切符を使わずに改札を通過できる方法としてされていたが、ショッピング系利用のスタートは2004年からとなっている。
    鉄道系の特徴として、メインは鉄道での利用で電子マネーも駅ナカで使えるという位置づけである。しかし現在は電子マネーとしての展開は「駅ナカ」のみに関わらず「街ナカ」へとなっている。
    Suicaの機能付加により、利便性が拡大し、利用者が増えたのが影響するとともに、Suica側にしても電子マネー利用によるコストダウンや手数料収益などの経済的効果が大きいものによるものである事から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。