人間関係論とリーダーシップ 要約

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,501
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間関係論とリーダーシップ
    人間関係論は、メイヨー、レスリーバーガーらが行ったウェスタンエレクトリック社でのホーソン実験から始まりました。この実験では工場で温度、環境、騒音などを変化させ作業する職人たちの能率がどう影響するのかの実験でしたが、どんな環境でも能率に変化がないことを発見しました。これは作業環境より人間の意欲、人間関係という部分が能率に大きく影響することを示しています。 この事により経営管理の前提は、「人間とは経済合理性に基づく行動、意志決定を行うものだ」というテイラーらから始まった経済人モデルの考え方から、「感情によって行動、意思決定を行うものだ」との前提にたった感情人モデルへ移行していきました。能率を高めるには感情へのアプローチが重要であるとしています。またマズローは欲求5段階説を唱えました。人間の欲望は、生理的欲求→安全安定の欲求→社会的欲求→自我の欲求→自己実現の欲求の順に、徐々に満たされていくと言うものです。
    リーダーシップ理論 
    古代から1940年代頃まで主流だったのが、 リーダーシップ特性論 です。「偉大なリーダーには共通する特性がある」という前提によって、過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。