商品学 商品と市場の安全性について述べなさい

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,512
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消費者の権利を確保する視点に基づき、ケネディ大統領時代に作成された消費者の4つの権利に対応するものが消費者保護基本法である。これは、安全である権利に対する危害防止と試験検査等の設備の整備、知る権利に対する計量・規格の適正化、選ぶ権利に対する公正な競争の確保、そして意見をいう権利に対する意見の反映と苦情処理体制の整備である。なかでも、商品の安全性は、消費者の権利として社会的必然性をもって認識されている。
     1994には、製造物責任法が制定され、消費者の身体と動産の被害について、通常有する安全性の範囲内で製造業者の責任を問い、この法律により過失責任主義から欠陥責任主義へと大きく転換されていった。さらに、経済産業そして消費社会も変化しサービス経済化の進展、ITによる急速な情報革新、グローバルな物の流通や金融ビジネスの進展、またモバイル型社会への変革などにより、これらに起因する市場環境の大きな変革がはじまっている。そこから新たな社会問題や市場システムの問題、そして消費者トラブルも発生している。商品と市場の安全性はこのような経緯で考えられるようになり、経済・産業の発展と同時に情報化社会により人々..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。