商法 取締役会設置会社において業務執行に対する監督、監査の実効性を図るため、会社法はどのような制度を設けているかについて述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,591
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     株式会社は定款の定めによって、①取締役会、②会計参与、③監査役、④監査役会、⑤会計監査人、⑥委員会を置くことができる。また株式会社は、社外取締役、社外監査役、会計参与、会計監査人、の任務懈怠責任について、当該社外取締役等が職務を行うにつき善意でかつ重過失がないときは、責任限定契約を社外取締役等と締結することを定款で定めることができる。なお、監査役設置会社、委員会設置会社においては、取締役が定款を変更して、監査委員を除く社外取締役等の責任限定契約を締結することができる旨の規定を設けるという議案を株主総会に提出する際には、監査役設置会社においては各監査役、委員会設置会社においては各監査委員の同意を得なければならない。
    ①取締役会を置く会社または会社法の規定により取締役会の設置義務がある株式会社を取締役会設置会社という。公開会社、監査役会設置会社、委員会設置会社は、取締役会を置かなければならない。なお、取締役会設置会社においては、取締役は3人以上でなければならない。また、取締役会の決議により、代表取締役を選定しなければならない。代表取締役は、株式会社の業務に関する一切の裁判上または裁判外の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。