会計学 わが国の制度会計について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数537
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国の商法、税法および証券取引法には、会計行為の規範を法律に組み込む方式によって、会計規定が組み込まれており、このほかにも各種の会計関係法令が制定されている。これに対して企業会計原則は、一般に公正妥当と認められた会計慣行を体系的に要約し、会計基準として示したものであり、会計慣習にゆだねる方式をとっている。いずれにしても、このような社会的な規制のもとで行われる会計を制度会計という。
    商法及び会社法会計の特徴としては、商人が会計を行うにあたって、私法としての商法において守るべきものを規定したのが商法及び会社法会計である。ここでは商人すべてが遵守すべき商業帳簿に関する規定と、株主の有限責任を前提とした株式会社が特に遵守すべき会社法上の規定がある。商業帳簿規定に関して、2005年7月に改正された商法では、商人の会計は一般に公正妥当と認められる会計の慣行に従うものとされ、商人に関する営業に用いられている財産については、法務省令の定めるところに従い、適時に正確な商業帳簿を作成しなければならない。また、会社法上の規定に関していえば、株主の有限責任を前提とする株式会社においては、会社が倒産すると、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。