法の解釈について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,428
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈とは、法によって規制される、言語的、文章的にのみ解明すればよいということではなく、事実や規制の結果を考慮にいれながら法規範の意味を明確にすることである。
     法の解釈には、立法者意思説と法律意思説がある。立法者意思説での法の解釈は、法の制定にあたって立法者が有していた意思を探究することにあるとする主観説である。よって法典の理由書、起草委員の説明書、国会の議事録などが解釈の重要な資料となる。
    法律意思説での解釈や目的は、立法者が立法当時に有していた意思ではなく、法律それ自体の意思を探究することにあるとする客観説である。また、法の解釈の方法の種類には大別して有権解釈と学理解釈とがある。一つ目の有権解釈は公権解釈ともいわれ、国家の権限ある機関によってなされる解釈をいう。それは解釈を行う国家機関の種別により、さらに、立法解釈、司法解釈、行政解釈の三種にわけられる。
    立法解釈とは、法文または字句の意味、内容を法規によって明確にする方法をいう。また、司法解釈とは、裁判所によってなされる法の解釈であり、極めて重要な意義を有する。上記で述べた極めてとは、下級裁判所の判決も上級裁判所によって破棄さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。