商学総論 商業の学説について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,658
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商業という語は、これまでに、学術的にも、社会通念上においても、多様な意味に用いられ、研究者によってもさまざまに解釈されてきた。また、今日に至る主な商業学説を通覧してみても、そこには、必ずしも定説として帰一する商業学説は存在しない。従って、商業について統一的な概念が形成されてこなかったのは、決して恣意的な結果ではなく、客観的な根拠に基づいたものである。商業の本質的要素あるいは本質的意義は、生産者から消費者への商品の社会的移転、社会的分業を基調とした生産者から消費者への商品の社会的移転に伴う経済的隔離を除去し、統一整合するところに求められる。即ち、商業は、形状的に生産された商品を、消費者ニーズに適合させる交換経済下における生産完成の手段として、重要な役割を果たしている。しかし、商業の概念は、市場経済の態様の変化、資本主義経済の歴史的進展による様相や性質の変化に伴って多様性を示し、幾度となく変遷し、現在に至っている。過去から現代に至る全ての商業概念を取り上げ、検討するのは不可能だが、商業学説として広く認められてきた学説の中から、交換即商業説、再販売購入説、商品流通現象説、機能説、取引企業説に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。