経済学 完全競争市場と最適な資源配分が競争市場によって達成されることを説明しなさい。 市場の失敗

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,314
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問1 イタリアの経済学者であるパレートが、完全競争市場こそが資源の最適な配分を実現することを証明した。今日、パレート最適の実現こそが市場経済にとって最も重要なことだと言われている。したがって市場が十分機能するため、規制や政府の介入を極度に批難する。たしかに市場に競争制限的な力が存在すると、価格は柔軟に動かなくなり、資源の無駄が生じる。ある商品の市場における競争が制限され、価格が高く維持されると、供給者はその商品ばかり作ることになる。この結果、この商品は供給過剰となるが、価格は下がらないまま維持することになる。つまり経済全体で見れば、この過剰な商品を作るための原料や労働が無駄に使用されていることになるのである。市場が機能して資源が最適に配分されるには、市場が競争的であること、理想的には「完全競争」であることが必要と主張されている。独禁法や公正取引法は、法律の面から市場の競争を促すことが目的である。また、今日よく主張される「規制暖和」も市場への参入を促し、市場の競争を確保するためである。現実には純粋な「完全競争」市場と言うものは存在しない。比較的に「完全競争」に近いと言う市場が存在するだけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。