経営学 平成17年に成立した「会社法」の特徴と、それが企業経営にどのような意味合いを持つかについて述べなさい

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数573
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新会社法の特徴を簡単に挙げると、選択肢の多様化、定款自治の拡大、取締役の経営権限の強化、機能的経営の可能化、会社設立の簡易、迅速化、組織再編の暖和化があげられる。企業としてはこれらに対応して、実務としての経営戦略的な取り組みが必須になる。
    経済活性化のニーズや、ITビジネスを中心に資金が少なくても高い技術や無形財産を持った者の起業が拡大するニーズがあることから、最低資本金制度は問題となっていた。新会社法では、「出資される財産の価格又はその最低額」を定めることを必要としている。この「設立に際して出資される財産の価格」には、下限額の制限は置かれていません。以上のように、最低資本金度は廃止になるが、出資すべき額は定めなくてはなりません。つまり、比喩的に言えば出資額は1円でよいということになる。また、新しい会社類型の会社と組合の利点を融合制した新しい組織形態LLCの創設である。すなわち、対外的には有限責任の法人でありつつも、対内的には組合的な定款自治による自由な制度設計が可能な企業組織である。アメリカのLLC型の会社は、合併会社や少人数での起業などに向いていることから、日本でもニーズが高まって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。