教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数90
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が信仰すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べよ
    学歴社会とは、社会における社会的、職業的地位などの配分の基準として学歴が重きをしめる社会ということを意味する言葉である。つまり、学歴が、社会的、職業的地位を決める主たる基準となるような社会であるといえる。
    この学歴社会に対して、日本では古くから多くの批判がなされてきたが、日本社会の変遷を考察してみると、このような社会が必要とされ生まれたことが見えてくる。
    明治維新によって、日本の近代化のために必要だったのは、各分野における優れた人材であり、その質的、量的に安定した供給を保障してくれる機構であった。それまでは武士の子供は藩校で、四書五経など人の上に立つ者としての心構えなどを学んだ。それに対して、町人、農民の子供は寺小屋に行き、読み書きそろばんなど実用的な知識・技能を教えられた。
    しかし、近代化に伴って、高度な知識や技術が幅広い分野で必要となると、身分に依存したシステムではうまく機能しない、もっとより効率的な人材養成、登用システムが必要になった。そこでできるだけ広い諸階層の子供を学校に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。