英語学概論 第二設題 提出用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数138
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の標準的英語と米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ
     イギリスの英語と米語には共通するところがほとんどであるが、多くの相違点が同時に見られる。特に、この英米間の違いがもっとも目立つ例は、旅行の語彙である。
    以下がその例である。
    日本語 米語 英語 線路 railroad railway 地下鉄 subway underground, tube トラック truck lorry ガソリン gasoline petrol 映画館 movie theater cinema これらは、アメリカが独立しイギリスの影響が弱まってから、それぞれの環境の中で使うようになった語であるから、差異があらわれたのだと考えられる。アメリカへと移住したイギリス人は現地の社会的、あるいは文化的な影響を受け新たな語彙を作り出した結果、元のイギリス英語とは異なる英語、つまりアメリカ英語が誕生したのである。
    1500年代以来、イギリスが世界に進出を始めた初期のしばらくの間、英語と米語の相違はあまり見られなかった。人種ならびに言語の見地からすると、ヨーロッパの殖民者による今日の合衆国の殖民は三つの段階にわたって行われてきて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。