英語学概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数230
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語と日本語の文法構造または語彙構造を比較対照し、両者の違いを論ぜよ。
    英語と日本語を比較したとき、その起源も特徴もかなり異なるため共通した事項は少ない。具体例をあげながら英語と日本語における文法構造と語彙構造の相違点をあげてみる。
    まず英語と日本語は物事に対する発想が違うことが大きいことも考えられる。つまり英語は世界を「モノ」的に考え、日本語は「コト」的に捉えるということができる。具体例をあげながら英語と日本語における文法構造と語彙構造の相違点をあげてみる。
    例えば、日本語で「あなたは朝食を食べなかったのですか?」という質問に対しては、「食べた」ということを相手に伝えようとするとき、「いいえ」と答え、食べなかった場合に「はい」と答える。これに対して、英語で「Didn’t you have breakfast?」という質問に対して、答える場合食べた場合は「Yes」と答えなければならず、否定疑問文の返事が英語と日本語では逆になる。これは日本語が「朝食を食べたこと」に対しての返事なのに対して、英語は肯定・否定問わず「朝食がモノとして存在したかどうか」に対しての返事であるからである。つまり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。