昭和初期から第二次世界大戦終了までの日本の歴史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数842
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「昭和初期から第二次世界大戦終了までの日本の歴史」
     まず昭和初期において最初に起こった歴史的な事象をあげるとすれば大日本帝国陸軍による満州事変であろう。大日本帝国陸軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件に端を発し、大日本帝国陸軍の満州全土の占領を経て、溥儀を執政にする満州国を建国した。しかし、これに対して中国が国連に提訴し、国連はリットン調査団を満州に派遣した。この調査の報告書には満州を形だけでも日本から中国に返すようにと、記されており、1933年2月24日に行われた国連特別総会においてリットン報告書が賛成多数で可決された。その直後、席上で松岡洋右日本全権が「もはや日本政府は連盟と協力する努力の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。