債権総論:不真正連帯債務:簡単に説明

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数563
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご購入の方は出来る限り、その方に合わせた、質問を受けます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    債権総論:不真正連帯債務:簡単に説明
    不真正連帯債務とは、多数債務者が同一内容の給付について全部履行すべき義務を負い、しかも一債務者の履行により他の債務者も債務を免れるという点では連帯債務と同じであるが、債務者間に主観的共同関係がないため、債権者を満足させる事由以外は、相対的効力を生ずるしかないと構成される債権債務関係である。また債務者の求償関係も原則として生じない。すなわち、連帯債務の規定(434条、435条、437条~439条)は適用されないということである。このように、相対効が生じるのは、連帯債務とは異なり、横の関係と主観的共同関係がなく、責任が各自の立場に別個に生じるにすぎないが、共同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。