中央大学 心理学第3課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数370
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レスポンデント条件付け(古典的条件付け)とはロシアの生理学者パブロフの条件反射として広く知られているもので、条件付け前の犬にメトロノームの音を聞かせても、定位反応は生じるが唾液は分泌されない。ところすぐ後に肉片(無条件刺激)をいれると、必ず唾液が分泌されるようになる(無条件反応)。条件付け後には、無条件刺激と条件刺激を対にして呈示するとメトロノームの音(条件刺激)を聞いただけで唾液分泌されるようになる(条件反応)。すなわちメトロノームの音(条件刺激)と唾液分泌の間に般化現象が起こり、条件刺激との類似性が高いほど唾液分泌(条件反応)の量が多くなる。ただし条件刺激に対して無条件刺激を与え、条件刺激と類似した刺激には無条件刺激を与えないように手続きを変更すると、分化が生じ、条件刺激に対してだけ条件反応をするようになる。また、条件付けの形成後、無条件刺激だけをあたえずに条件刺激だけを呈示し続けると条件刺激と条件反応の般化は抑制され、やがて条件反応を示さなくなるこれは消去と呼ばれる現象であるが、一定の休憩時間の後に再び条件刺激を呈示すると、自発的回復が生じ唾液の分泌量がある程度まで回復する。例え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。