中央大学 心理学第二課題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数373
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フロイトの精神分析
    精神分析は、19世紀末から20世紀初頭にシグムンド・フロイト(Freud,S. 1856-1939)によって創始された心理療法の体系的理論であり実践的な技法で、現在に至る心理学や心理療法に最も大きな影響を与え続けてきた。
    更に、精神分析はフロイトの本流の他にも、ユング、アドラーを始めとして数多の分派分流を生み出しており、精神分析を祖とする理論や技法はまとめて『心理力動的立場』『力動論的心理学』と呼ばれている。
    精神分析は、神経症(neurosis)の症状、クライエントの理解と治療の為に工夫を重ねて考案された理論体系であり治療技法である。精神分析は、フロイトの死後も様々な学派に分裂しながらも独自の発展を続けていき、現在では精神分析の適応症は神経症だけではなく、人格障害、精神病、心身症などの広範な精神疾患にも用いられるようになっている。
    ヒステリー研究:神経症(ヒステリー)患者の治療時に、催眠をかけ、心的外傷にかかる失われた記憶を思い出させ、ヒステリー症状の消失を経験したことから、ヒステリーの発症は抑圧という不安、苦痛を招く欲求、感情、記憶などは無意識の世界に閉じ込..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。