中央大学生物学第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数279
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食物連鎖とは、生物群集内での生物の捕食・被食という点に着目し、それぞれの生物群集における生物種間の関係を表す概念である。関係する用語として食物網、食物ピラミッドなどがある。食物連鎖は、自然界において、生物種間での「食べる・食べられる」という関係を指す言葉である。自然界は、生産システムの視点からみると、生産者、消費者、分解者から成り立っている。植物は生産者として、太陽のエネルギーと水と二酸化炭素で光合成を行い、デンプンや糖をつくり、窒素や各種ミネラルを組み合わせてタンパク質や脂肪などをつくる。植物(生産者)をえさにするトンボやチョウなどの草食動物が第1次消費者で、そのトンボなど第1次消費者を食べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。