中央大学 法学第3課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数680
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会の秩序のために多彩な行為規範が働いている。中でも法と道徳との間にどのような関係があるか、どのような差異があるか、古来多く論じたところであるが十分に解明されていない。しかし、このことを考えてみることは、法とは何かを明らかにするために重要である。
     法と道徳の様々な関係については第一に、法と道徳が一致する場合、例えば殺すなかれ、盗むなかれということは道徳であるが、同時に法でもある。このような道徳が国家権力によって強制されていることから明らかであり、法は道徳によって支持されているとき、最も強力であり、道徳に反する法は法としての価値に乏しいものであり、その存続の基礎は薄弱である。第二に、法と道徳が無関係な場合、例えば「汝の敵を愛せよ」という聖書にみられる道徳的規範は法とは無関係である。逆に、法には技術的問題を処理するための規則が多く、例えば交通法規では歩行者は右側に通行せよ、というようなことは本来道徳に関係のないことで、はじめから左側通行が不道徳で右側通行が道徳的だとはいえない。これらは交通の秩序維持の便宜のための法、すなわち、技術規範は非道徳なのである。第三に、法と道徳が相反する場合、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。