中央大学 法学第4課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数501
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「法の適用過程」とは
    法の適用過程とは法を現実に生じた具体的事実に当て嵌めて、紛争を解決するプロセスである。そして法の適用は2つの段階をえて行われる。第1の段階が事実の認定であり、第2の段階が法の解釈である。第1の段階では生活関係において生じた具体的事実を確定し、第2の段階ではその確定された事実に当て嵌めるべき法を見出したうえでこの法を解釈し、最後に当該の事実に対しての当該の法を当て嵌め、その結果、具体的妥当性を持つ法的判断を導くという手続がとられる。
    例えば刑法199条の解釈という場合には人の死亡という結果を犯人の故意に基づく行為によってなさしめた場合を言い、過失による場合とか、障害致死など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。