物体の三態変化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数600
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    物体の三態変化
    ・物体の三態とは
    全ての物体には3つの姿が存在する。(気圧によってはそれが見えない場合もあるが、一応全ての物体には三態があり得るという立場をとっています。)
    (1)固体
    人間の集団で言うところの、「がっちりスクラム状態」である。分子同士がしっかりと繋がっており、「形」を持っている。また、ほとんど圧縮が行われないので、「質量に対しての体積」がほぼ決まる。低温・高圧でなりやすい。
    (2)液体
    人間の集団で言うところの、「満員電車ぎゅうぎゅう状態」である。分子同士はしっかり繋がっているのだが、その繋がり方は曖昧で「形」を持たない。圧縮はほとんど行われず、「質量に対しての体積」は決まる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。