正多面体とデルタ多面体を使った算数の授業案及びワークシートと配布物

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数1,659
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題
    小学校
    4
    年生の算数で三角形の単元における応用的な授業案の作成
    内容
    ・正多面体とデルタ多面体(正三角形のみで作られる立体)の内容の指導案
    ・授業で使用するワークシートと記入例
    ・授業で作る立体の展開図(印刷してすぐ使えるようにする)
    学習指導案

    .
    題材
    正三角形の仲間を調べよう(応用)

    .
    目標
    1.
    平面図形
    を組み立てて立体を作るという活動を通して、図形を観察したり、その展開図からど
    のような図形が出来るかを想像することが出来る。
    2.
    色々な多面体を実際に組み立てることによって、空間図形に対する認知力をつける。
    3.
    多角形の中でも正三角形に焦点を当てて、正三角形によって作られる多面体の多様性に気づく


    .
    指導について
    材は
    応用の中でもかなりというの題材で。にとって学習してい
    ないりをことになるので、でに学習したのづけをしっかりとことが
    で。
    学習

    動で、ワークシートで1使用する。
    1目は
    正多面体について学習する。
    正多面体、正三角形でるものが3、正でる1、正
    形でる。このう正形でる正12面体について
    正形習していない
    のでというづけになる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。