体育科学習指導案(表現運動)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,523
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    体育科学習指導案表現運動

    資料紹介

    体育科学習指導案
    1、日時   (略)
    2、場所   (略)
    3、対象   小学校5年生
    4、指導者  
    5、単元名  表現運動(小学生の日常)
    6、設定理由
     今回は表現運動を取り上げ、児童たちには「小学生の日常」をテーマに、グループごとに話し合って身体でそれを表現してもらう。表現運動では、身近な生活の中から題材を選んでその主な特徴を捉えて表現したり、軽快なリズムにのって踊ったりして、みんなで踊りを楽しむことをねらいとしている。また、表したいことを強調したりわかりやすく表現したりなど、動きの変化をつけることで、低学年とは違った工夫をすることも要求される。グループでよく考え、他とは違った特徴のある動きを取り入れることで「表現すること」のおもしろさを感じてもらいたい。
    この授業をすることで、「表現すること」の意欲を高めさせるとともに、仲間との連携・関わりを経て友達と楽しく踊るということを身につけてもらいたい。
    7、単元の内容
     「小学生の日常」をテーマに、見ている人にわかりやすく伝わるように特徴ある表現をグループで話し合い、最後の授業で発表してもらう。発表では、起きる、登校する、授業、休み時間など、家での行動・学校で行われる動作など様々なものを取り入れて自由に表現する。発表する際に使用する効果音や音楽は、CDや楽器等を使ってよい。これについても、グループで自由に決めることとする。
    8、単元の目的
     以下のことを児童に感じさせることで、下記のねらいを達成させることを目的とする。
     (1)表現運動の特性
      ・決まった形ではなく、自分たちで自由に踊る楽しさがある。
    ・単調な動きではなく、変化をつけることで独創的な考えを表すことが出来る。
    グループをもつことで友達とのコミュニケーションの場が増え、協調性が身につく。
    (2)ねらい
     ・グループ内で意見交換することによって、自分にはなかった発想や考え方を知り、知識の輪が広がる。
    友達の意見を理解することで、感受性が豊かになる。
    仲間で一つの作品を完成させる喜びやおもしろさを感じることで、さらに望ましい人間関係が育てられる。
    発表の機会を設けることで、授業に対する意欲を高め、作品の完成レベルを引き上げる。
    9、学習計画(全6時間)
     (1)学習内容の説明、グループ作り     ・・・1時間
       ・表現運動の提案 ・質疑応答 ・グループ作り
     (2)グループで話し合い(表現の仕方など) ・・・2時間
       ・何をどう表現するか意見交換する。
       ・出てきた意見をもとに流れの設定、添削を行う。
     (3)実際に動きを入れて確認、訂正     ・・・2時間
       ・体育館を使い、各グループで表現の動きや移動などの確認を行う。
       ・動きに無理があったり、移動が困難だったりするなどの問題が生じたら訂正する。
     (4)発表会                ・・・1時間(本時)
       ・グループごとに発表する。
    児童どうしが評価しあうことで、自分たちの作品を見つめなおす。
    10、本時の指導
     ①本時 6/6時(最終発表)
     ②本時の目標
    話し合い、練習を経て仕上げた作品に自信をもち、楽しく伸び伸びと発表する。
    感想、評価を述べることでお互いを称えあい、加えて自己評価をする。
     ③本時の展開計画
    時間 学習活動 教師の活動 児童の活動 指導上の留意点 5分 あいさつ・出欠確認 ・児童に整列、挨拶を促す。 ・係りの児童が号令をかける。 ・元気良くあいさつする。 5分 準備体操 ・準備体操をさせる。
    「けがをしないようにし

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体育科学習指導案
    1、日時   (略)
    2、場所   (略)
    3、対象   小学校5年生
    4、指導者  
    5、単元名  表現運動(小学生の日常)
    6、設定理由
     今回は表現運動を取り上げ、児童たちには「小学生の日常」をテーマに、グループごとに話し合って身体でそれを表現してもらう。表現運動では、身近な生活の中から題材を選んでその主な特徴を捉えて表現したり、軽快なリズムにのって踊ったりして、みんなで踊りを楽しむことをねらいとしている。また、表したいことを強調したりわかりやすく表現したりなど、動きの変化をつけることで、低学年とは違った工夫をすることも要求される。グループでよく考え、他とは違った特徴のある動きを取り入れることで「表現すること」のおもしろさを感じてもらいたい。
    この授業をすることで、「表現すること」の意欲を高めさせるとともに、仲間との連携・関わりを経て友達と楽しく踊るということを身につけてもらいたい。
    7、単元の内容
     「小学生の日常」をテーマに、見ている人にわかりやすく伝わるように特徴ある表現をグループで話し合い、最後の授業で発表してもらう。発表では、起きる、登校する、授業、休..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。