社会福祉援助の技術と援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数251
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について」
    1.社会福祉援助技術について
     社会福祉援助技術とは一般的に援助活動のそのものをさす場合が多い。援助技術はまず、直接クラエントと接し、援助を行う直接援助技術と、間接的にクライエントに関わる、間接援助技術に大別できる。これから大きくこの2つについて詳しく述べていく。
    2.直接援助技術
     直接援助技術は、クライエントがケースワーカーのいる機関を訪れるのが一般的であったが近年では個人的にケースワーカーが、クライエントのもとへ訪問し、援助活動を行うことも多くなってきた。
     ケースワークの過程としては、クライエントとケースワーカーとの対人関係を軸に、①問題の発見②アセスメント③援助の目標設定と計画の作成④援助の実施⑤モニタリング⑥追跡調査に大きく分けることができる。これらをソーシャルワーカーはすべて一人でおこなうこともあれば、同じ職種の複数のワーカーと協力して行ったり、他職種の人々と、協力して行うこともある。
     ①問題の発見とは、ソーシャルワーカーは援助を行うに当たり、問題点を発見するところから始まる。一番多いのは、問題を抱えて何らかの援助を必要としてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。